セミナーお知らせ <日本属国化を狙う中国の悪の論理を知っていますか?>


「偏向マスコミ報道から日本をまもろう」と言う市民団体のセミナーがあります。
下記お知らせです。。。

偏向マスコミ報道から日本を守ろう
http://blog.goo.ne.jp/nippon-mamoro

記事リンク http://blog.goo.ne.jp/nippon-mamoro/e/eb2b6f32b8445c04247e88d9aa101312
下記のとおり、第3回へんまもセミナーを開催いたします。
鳩山政権は、普天間基地の移転先として、米軍基地を日本全国に分散配備する案を出してきていますが、
地政学の観点からみれば、覇権国家中国の軍事的脅威から日本や東アジア諸国を守るには、
基地移転先は現状の沖縄以外に考えられないことは明らかです。

今回のへんまもセミナーでは「地政学」をキーワードに、
緊迫しているアジア情勢について学びます。

皆様、どうぞお誘い合わせの上、ふるってご参加ください。


<日本属国化を狙う中国の悪の論理を知っていますか?>

■日時:5月15日(土)
    受付18:30、開演19:00、閉会21:20

■会場:アミュー立川(立川市民会館)3F小ホール
立川市錦町3-3-20
JR立川駅南口徒歩13分 南武線西国立駅下車徒歩7分


■講演「地政学から観る、中国と沖縄」
講師:奥山真司氏 『“悪の論理”で世界は動く!』他、著書多数

戦後日本から抹殺された学問、地政学。
世界はこの理論によって動いていた!
日本だけが知らなかった世界の常識を、
日本で只一人の地政学者、奥山真司先生が
中国と沖縄にスポットを当てて解説します。


■講演「私が見た軍事大国 中国の脅威」
講師:矢内筆勝氏 幸福実現党総務会長。中国問題、国家安全保障に精通。

マスコミが全く報道しない、現在の中国の軍事力、そして軍拡主義、
軍事覇権主義。中国はチベット、東トルキスタン、南モンゴルを侵略し、
ジェノサイト続行中!次は台湾、沖縄!・・・そして日本!
その目で見た真実を語ります。
今、最も大切な国家安全保障問題をテーマとした御講演です。

■パネルトーク 「偏向マスコミの洗脳を解く!国家安全保障問題」

パネリスト
・奥山真司氏
・清原徹二氏
・矢内筆勝氏


コーディーネーター
・佐藤英人

■参加費:入場料 ¥1000(学生 ¥500)

■主催:偏向マスコミ報道から日本を守ろう!ネットワーク


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック