BS11未来ビジョン 「佐々淳行が斬る、日本の危機管理」

 BSで放送されている「未来ビジョン」で佐々淳行氏が今回の震災の対応を危機管理のエキスパートの立場から、厳しく批判しています。ご存知の通り佐々淳行氏は初代内閣安全保障室長であり、我が国の危機管理はこの人を抜きに語れません。氏は震災後の3月16日、さらに3月29日にホームページにて「緊急提言」をされています。 http://www.sassaoffice.com/cn16/pg137.html こちらもご参照下さい。
 
 さて、この番組の中で印象的な言葉がありました。「-原発も私は、むつ、もんじゅ、東海村に対応しましたが、(政府は)まったく意見を求めてこない。 -略- 当時のOBはまだ生きているんですよ。みんな助言したいのに、イデオロギー的に僕らは入れてもらえないんです」と、明確に語られていました。

 この番組を見れば、民主党、菅内閣のなにが「ダメ」なのかの一面がはっきりすると思います。皆様のご参考になれば幸いです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック